【戦国IXA】ぽたぽた戦記

ブラウザゲーム戦国IXAの活動ブログです

2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

プロフィール

ぽたぽた

Author:ぽたぽた
ゲーム名:戦国IXA
サーバー:21鯖
所属国:徳川家
所属同盟:小鳥協会
城主名:ぽたぽた
IXA歴:21鯖が始まる1週間前から

カテゴリ

  • 当ブログについて(1)
  • 内政(5)
  • 合戦(18)
  • カード(5)
  • 序盤編(7)
  • 情報(小技・検証など)(8)
  • 雑記(4)
  • 未分類(0)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

第7回合戦『最上防衛戦』

テレビをつけるとちょうど野球中継が映っていました


私の記憶では「ツーストライク、ツーボール」といった


カウントの取り方だったような気がしますが


その日の解説者は「ツーボール、ツーストライク」と言っていました


普段野球中継は見ない人なのですが


違和感がありすぎて1時間近く見てしまいました


いつから変わったのでしょう・・・


こんばんは、ぽたぽたです


今回は第7回合戦について



今回の合戦は詳しく書くと異様に長くなりそうなので


大雑把に端折ってまいります




防衛戦と言うことでまずは準備期間に陣張りをします


今回は1日目から貼りつけそうだったので念入りに陣張りします


同盟員の城周りとその近くの砦付近


また、今回私の本拠のある北東に出城が多く出ている情報を


キャッチしたので、北東1から4まで1個づつ陣を配置しました




準備完了して一息ついた頃に



書状



いただきました!ありがとうございます



今回の対戦相手の方です


他国の方に見てもらえるなんてグローバルなブログになった気分です


※私も相手も日本人です





合戦1日目


朝から張り切って出城に攻撃します


相手も兵を置いているところがずいぶん多くなりました


私の個人的な印象ですが、最上の方は他鯖メインで攻撃はしないけれど


防御の時にだけ兵を動かすと言った方が多い印象でした


何度か被害甚大なときもありましたが


私も用意する兵が多くなってきたので前ほどに精神的ダメージは受けません!


トラウマは健在ですが・・・(詳しくは第5回合戦記事へ)




しかしながらよく見ると私だけ攻撃ポイントの伸びが激しい・・・


何故なんだろ


空き巣プロへの道のりは長く険しそうです




そんなこんなで合戦に集中していたためSSはありません


夜はいつものように合流攻撃をしました






合戦2日目



攻撃できる出城も限られてくるのでペースは遅くなりましたが


順調に戦功を伸ばします


そして



空き巣



ボーナスいただきました!!



無血開城というやつですね


陥落寸前に兵を配置されるのかと冷や冷やしながら攻撃しました






そんなことがあっては調子に乗ります!




「ここはいっちょ人口多めなとこに特攻するか・・・


何かのフラグが立ったようです




15秒以内に3部隊を突っ込ませる計画を建てました




・・・



・・








玉砕1




・・・まぁ予想どおりだ



・・









玉砕2




・・・あれ?雲行きが怪しい



・・







玉砕3



・・・新たなトラウマの誕生です






相手武将も負傷していますので


もう1部隊あれば落とせたのですがそこまで余力がなかったため


残念ながら完全敗北ですね


1対1なら防御側が有利と言うのをまざまざと見せつけられました


1人で攻めるなら相手の3倍は兵力が欲しいところです




その後は余った兵士をかき集めなんとか1部隊結成でき


ちょこちょこと攻めつつ主に合流攻撃で参加して終了




そして結果


7回十傑


なんと2回連続での1位です



報酬


7回終戦報告


同盟順位も前回に引き続き2位でした




前回の合戦で私の所属する同盟は


負け戦にも関わらずハッスルして今回の合戦が危ぶまれたのですが


7回同盟


・・・どうやらこれが通常状態のようです




合戦が終了してから同盟員が1人増えました


まだまだ募集していますので興味のある方は同盟詳細をご覧下さい


※私は同盟運営にタッチしていませんので詳しいことは分かりませんが

  聞きたいことがあれば気軽に書状をください




追記:報酬カード結果





信繁さんが特2枚分と思ってよしとしましょう


徐々に良くなってきてるかな?


次は極お願いします






さてさておまけへ


第8回武将紹介


今回は








え?飛べるの?





おっと間違えた


足利


足利義輝です


1536~1565年

室町幕府第13代征夷大将軍

第12代将軍・足利義晴の嫡男として東山南禅寺で生まれる

この頃の幕府では父・義晴と管領・細川晴元が対立し

義晴は戦のたびに敗れて近江坂本に逃れ、それに義輝もたびたび従った

その後も父とともに京への復帰と近江坂本・朽木への脱出を繰り返した

1546年12月、義輝はわずか11歳にして、父から将軍職を譲られる

1548年元服し義藤と名乗る

同年、義晴は細川晴元と和睦して京に戻った

このとき晴元も義藤(義輝)の将軍就任を承諾している

ところが、晴元の家臣である三好長慶が晴元を裏切って細川氏綱に属し

畿内に一大勢力を築き上げた

このため1549年6月、義晴・義藤父子は細川晴元とともに

京都を再び追われて近江坂本に逃亡するが、逃亡先で義晴が死去する

1552年1月、細川氏綱を管領にするという条件で三好長慶と和睦し京に戻る

将軍とは有名無実で、長慶とその家臣松永久秀の傀儡であった

1553年に細川晴元と協力して長慶との戦いを始めたが敗れて

近江朽木に逃れ、以降5年間をこの地で過ごした

なお、亡命中の1554年2月12日に名を義輝に改めている

その後、六角義賢の支援を受け、三好氏と戦うが思うようにはいかず

支援を打ち切られる

結局、六角義賢の仲介により長慶との間に和議が成立したことに伴って

5年ぶりの入洛が実現し、幕府政治を再開した

復権してから義輝は幕府権力と将軍権威の復活を目指し

大名同士の抗争の調停を頻繁に行なう

主なものが

伊達晴宗と稙宗

武田晴信と長尾景虎

島津貴久と大友義鎮

毛利元就と尼子晴久

毛利元就と大友宗麟

上杉謙信と北条氏政と武田晴信

などである

これにより諸国の大名へ将軍の威信を知らしめた

また懐柔策として諸大名へ守護職を与えたり

自分の名の一字を与えたりしている

そして1565年5月19日

松永久秀と三好三人衆は主君三好義継(長慶の養嗣子)とともに

足利義栄を奉じて謀叛を起こし二条御所を軍勢を率いて襲撃した

義輝は奮戦したが衆寡敵せず

最期は寄せ手の兵たちが四方から畳を盾として同時に突きかかり殺害された

享年30

上泉信綱・塚原卜伝に指導を受け

卜伝からは一説に奥義「一の太刀」を伝授され

鎌倉から江戸までの征夷大将軍の中でも

最も武術の優れた人物として伝えられている




有名な剣聖将軍ですね


卜伝さんも一枚噛んでいたとは


しかしながら卜伝さんは北畠具教や細川藤孝にも


「一の太刀」を伝授しているので


必ずしも奥義を極めたとは言えないそうです


将軍補正の極ですね






関連記事

Theme:戦国IXA
Genre:オンラインゲーム

comments(0)|trackback(0)|合戦|2011-04-20_20:08|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ポイントサイト

ドル箱
デッキコストUP資源生産UPがしたい
でもお金は払いたくないと言う方向けポイントサイト
ゲームの登録やPCメルマガ登録などでポイントが貰えウェブマネーや現金に交換できます
私も現在使用中

ブログ内検索

新着ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。