【戦国IXA】ぽたぽた戦記

ブラウザゲーム戦国IXAの活動ブログです

2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

プロフィール

ぽたぽた

Author:ぽたぽた
ゲーム名:戦国IXA
サーバー:21鯖
所属国:徳川家
所属同盟:小鳥協会
城主名:ぽたぽた
IXA歴:21鯖が始まる1週間前から

カテゴリ

  • 当ブログについて(1)
  • 内政(5)
  • 合戦(18)
  • カード(5)
  • 序盤編(7)
  • 情報(小技・検証など)(8)
  • 雑記(4)
  • 未分類(0)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

第6回合戦『毛利防衛戦』

私は心の中で糧のことを「コメ」と呼んでいたのですが


2日くらい前に、兵糧の糧ということで何も考えずに「ロウ」と呼ぶことにしました


そして今朝、ふと考えたら・・・「カテ」だろこれ


恥をさらす前に気がついてよかったです


こんにちは、ぽたぽたです


今回は第6回合戦のことを書きます




今回は防衛戦と言うことで合戦準備期間に陣をだします




私の所属している同盟は7名と非常に少ないので


ほぼ全員の同盟員城付近に陣を建てあいます




他の同盟でも同じかもしれませんが


城の周りに同盟員の陣が複数あるのは攻めにくいものです


大同盟だと比較的近い人同士で陣を張りあうかもしれませんが


少人数では遠くても陣張りしなければ生き残れません




そういうことで陣張りするわけですが・・・



私だけ東北なんです!すいません!



同盟員の密集地となっているのは南西です


距離は100以上あります





真逆の方向から来てくれる同盟員にこの場を借りて・・・


いつも感謝しています!




そんなこんなで防衛戦は準備に時間が取られ


秘境にいく時間が削られ同盟員に負担をかけるので


私は攻撃戦の方が好きかもしれません






前置きが長かったですが


合戦に突入です


1日目、空き巣防止にちょこちょこと攻撃してログアウト


夕方から本格参戦です


まずはノンストップで出城に攻撃します


上位との差を埋めるべく時折ノックを交えて攻撃部隊を2~3部隊


出しっぱなしの状態が続きます




1~2時間後


6回1夕
(クリックで別窓拡大)

5位につけることに成功します


大雑把な攻撃のため攻撃ポイントが異常な速度で上がりますが


地雷を踏むこともなく予想以上に被害は少なく済みました




その後は主に同盟員と合流攻撃をしつつ


単独でも別の場所に陣取って攻撃を続けて1日目終了


順位は


6回1夜


頑張りすぎてすんません!反省はしてないです




相手も兵を置いて防御する方が増えたので


なかなか無血で戦功を稼ぐのは難しくなってきました


人口が多い方は合流攻撃をしないと1回で落とすのも難しいです





2日目も夕方から参戦です


昼間は相手ランカー出城隣接の陣に兵を置いていたのですが


早くからそこにノックを受けて警戒されたのか


攻撃で落とされたのは別の陣1つだけでした


順位は4位まで落ちていました




活動し始めた時点でもう負け戦は確定していたので


あとはもう無理をしないようにしながらも


ブログ宣伝のために1位を目指してちょこちょこと攻撃をします




多くの方が負け戦で兵の温存に移行していく中




なぜか・・・


私の所属している同盟はみんな元気にわいわい言いながら攻撃していました


しかも人口の多い方の出城を狙って・・・



もちろん流れのままに私も合流攻撃に参加しましたが


なんであんなに元気だったんだろ・・・


合戦格付表を見ていた人も意味不明だったと思います




そんな同盟でも良ければ現在加入者大歓迎してますよ~


詳しくは同盟詳細をご覧下さい




そして結果


6回10傑


僅差で1位になった時にやめたのですが


終了まで点数は動かなかったようです




報酬はこちら





元気な同盟員のおかげで今回も同盟2位を獲得しました


その詳細がこちら





人数約20倍の同盟戦功の2/3、攻撃ポイントはほぼ一緒という異常な数字


次の合戦大丈夫なんだろうか・・・




私はというと


6回戦功


攻撃ポイントが2万6000Pもありますが


地雷も踏まず殆どの戦闘で壊滅勝利になったおかげで


実は前回の合戦で消耗した兵と左程変わりません


前回の攻撃ポイントは今回の半分ほどだったのでかなり効率良く


敵兵を倒せたことになります




地雷踏まなくてよかった・・・今になってトラウマが蘇ります




長くなりましたが以上第6回合戦でした











いただきました!ありがとうございます


合戦中にお話する機会があった方です







それではおまけへ


第5回武将紹介


本日は


井伊


井伊直政です


1561~1602年

今川氏の家臣である井伊直親の長男として生まれる

父の井伊直親は直政の生まれた翌年に、謀反の嫌疑を受けて今川氏真に誅殺される

その後所領を失い直政も今川氏に命を狙われるが養母にかくまわれ

徳川家康に見出されるまで隠れ通すことができる

そして家康の小姓に取り立てられる

その際に井伊氏の旧領だった井伊谷を与えられ名も万千代と名乗る

その後武田氏との戦いで数々の戦功を上げ

22歳で元服すると松平康親の娘を娶り

家康子飼いの武将である本多忠勝や榊原康政の同僚となる

家康が武田氏の旧領である信濃国、甲斐国を併呑すると

武田家の旧臣達を多数与力に付属され

山県昌景の朱色の軍装を復活させて

井伊の赤備えと呼ばれる精鋭部隊の大将となった

戦の際に陣に留まって指揮を執ることはほとんどなく

筆頭家老である木俣守勝がその役目を果たして

「井伊の赤鬼」と称され諸大名から恐れられた

関ヶ原の戦いでは家康本軍に随行し

本多忠勝と共に東軍指揮の中心的存在となった

1602年2月1日に、おそらくは長年の家康に対する奉公による過労

と関ヶ原で受けた鉄砲傷が癒えないまま破傷風が元で死去した

参考引用wikipedia




武田の赤備えを引き継いだ人です


とても短気だったらしく家康への奉公で他の小姓が粗相をすれば


すぐ打ち首にされたため、家内でも恐れられていたみたいです


人物と時代がマッチして自己の才能を最大限のに開花させ


活躍できた武将の1人ではないでしょうか


天下泰平の世に生まれていたら大事件を起こしてそうな人ですね


できればお友達にはなりたくないかなあ・・・



関連記事

Theme:戦国IXA
Genre:オンラインゲーム

comments(0)|trackback(0)|合戦|2011-04-14_21:58|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ポイントサイト

ドル箱
デッキコストUP資源生産UPがしたい
でもお金は払いたくないと言う方向けポイントサイト
ゲームの登録やPCメルマガ登録などでポイントが貰えウェブマネーや現金に交換できます
私も現在使用中

ブログ内検索

新着ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。