【戦国IXA】ぽたぽた戦記

ブラウザゲーム戦国IXAの活動ブログです

2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

プロフィール

ぽたぽた

Author:ぽたぽた
ゲーム名:戦国IXA
サーバー:21鯖
所属国:徳川家
所属同盟:小鳥協会
城主名:ぽたぽた
IXA歴:21鯖が始まる1週間前から

カテゴリ

  • 当ブログについて(1)
  • 内政(5)
  • 合戦(18)
  • カード(5)
  • 序盤編(7)
  • 情報(小技・検証など)(8)
  • 雑記(4)
  • 未分類(0)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

合戦小技①

建て直しの極意は心を無にすることですね


こんにちは、ぽたぽたです


今回は私が合戦で使っている小技を紹介します


経験者から見れば常識かもしれませんが


私と同じくらいに始めた方には有用かもしれません






合戦小技その1

長距離陣張りには陣の破棄時間を活用する

往復で3時間以上離れている同盟員の城近くに陣張したい時などに使います




やり方を解説すると


まず自分の城や村の隣に陣を作ります(陣A)


そしてその陣Aから長距離陣張攻撃をします


到着時間まで3時間を切ったら陣Aを破棄ボタンを押します


こうすると同盟員の城近くに陣を張った直後に陣Aの破棄が完了します


帰還最中の武将はなぜか瞬間移動してデッキに戻ります


この方法で帰りの時間を短縮できるわけです


距離が100以上の移動をする場合、個人的には精鋭騎馬で約3時間の


距離70くらいに中継陣を張って移動しています


そうすれば出陣直後に陣の破棄ボタンを押せて、破棄し忘れが防止できますし


同盟員の城近くの陣が1つだけだった場合、それを壊されたら


また長距離出兵するのは大変です


注意事項は到着時間が3時間を切る前に破棄ボタンを押さないことです


それやっちゃうと武将が到着する直前に戻ってくるので


残り時間が2時間○○分の時に陣の破棄ボタンを押しましょう




合戦小技その2

敵城主を攻撃する場合はフェイントを織りまぜる




ノックをして攻めるときもノックを1回して本攻撃をしたり


2回以上ノックをした後に本攻撃を入れたりし


敵城主に攻撃パターンを読まれないようにします


ワンパターンだと合戦報告書を読まれて対策を練られたりしますので


なるべく攻撃パターンを多彩にします


他には敵城主の所領が近くにある場合


本領と所領に同時刻で着弾するように攻撃をだしたりします


また敵城主の所属する同盟盟主が近くにいた場合や陣を近くに作っていた場合は


敵盟主に兵1攻撃を入れたり


逆に盟主を攻撃する場合は周囲の敵同盟員に兵1攻撃をして


敵の防御が集中しないようにします




合戦小技その3

剣豪や少数兵で防御している敵城主を探す方法

今の時期にしか使えないと思います



私も最近知ったのですが


被害甚大で敗北した場合の兵士被害は相手戦力の4割である


兵士の少ない序盤に放置する場合


なかなかすべての兵士を配置して防御するのは勇気がいります


そこで防御剣豪や防御振り武将に兵1をもたせて配備し


兵1ノックならば弾けるようにしている方をよく見かけます


そこで兵100だけでノックするわけです


壊滅し兵100全部が消えた場合はそれなりに兵士を配備していると判断します


生き残りが少しでもいれば少数しか配備していない可能性が高いです


実際にやってみた時の報告書がこちら


ノック


フッフッフっ・・・だまされないぞ!


ということで攻めて見ると各防御武将に数人ずつ兵をもたせていただけのようで


ほぼ被害なく落とせました


(剣豪で攻めた際にはHPの減り具合で判断できると言うようなことを

どこかで見かけたのですが忘れてしまいましたのでそれはまた今度)


アクティブな方には通用しない方法なのでご注意下さい


※これはリンクにあるIXAのあれこれ様の記事を参考にしています
 詳細な考察や上級な小技が知りたい方はそちらの方へどうぞ
 



今日はこのあたりでおまけへ


第4回武将紹介





富田重政です

上剣豪武将3人のうちの1人ですね


1554年~1625年

戦国時代から江戸時代前期にかけての武将

父は越前の戦国大名朝倉氏の家臣で、富田流の門人だった山崎景邦

官位は越後守

前田利家の家臣として仕え

1583年の能登国末森城の戦いでは一番槍の武功を挙げたことから利家の賞賛を受け、富田景政の娘を妻とした

小田原の役や関ヶ原の戦いにおいても、前田軍の武将として従軍している

これらの戦功から1万3670石の所領を与えられた

その後老齢のため前田利長が隠居して前田利常が家督を継いだ頃に隠居している

しかし利常に従って1614年からの大坂の役にも参戦し、19人の敵兵の首級を挙げるという武功を立てた

1625年に死去。享年72

戦国時代における中条流の剣豪の一人であり、越後守の官位から「名人越後」と称されて恐れられた

参考引用wikipedia


還暦超えて19人も倒すなんてすんごいおっさんです


この人の義理の叔父(師の兄弟)が富田勢源です


富田勢源の弟子には鐘捲自斎がいて


鐘捲自斎の弟子には伊藤一刀斎がいます


バカボンド読んだことのある人には馴染みの流派かもしれません




関連記事

Theme:戦国IXA
Genre:オンラインゲーム

comments(0)|trackback(0)|情報(小技・検証など)|2011-04-11_20:07|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ポイントサイト

ドル箱
デッキコストUP資源生産UPがしたい
でもお金は払いたくないと言う方向けポイントサイト
ゲームの登録やPCメルマガ登録などでポイントが貰えウェブマネーや現金に交換できます
私も現在使用中

ブログ内検索

新着ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。