【戦国IXA】ぽたぽた戦記

ブラウザゲーム戦国IXAの活動ブログです

2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

プロフィール

ぽたぽた

Author:ぽたぽた
ゲーム名:戦国IXA
サーバー:21鯖
所属国:徳川家
所属同盟:小鳥協会
城主名:ぽたぽた
IXA歴:21鯖が始まる1週間前から

カテゴリ

  • 当ブログについて(1)
  • 内政(5)
  • 合戦(18)
  • カード(5)
  • 序盤編(7)
  • 情報(小技・検証など)(8)
  • 雑記(4)
  • 未分類(0)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

第5回合戦『足利攻撃戦』

上位施設への建て替えが苦痛で引退する人もいるようで残念です


こんにちは、ぽたぽたです


今回は4/6~4/8に行われた合戦のことを書こうと思います





戦功上位者のみなさんは出城を作ってまず陣を張りますよね?


しかしながら私はそれが面倒で秘境に常時出したていから


今回も出城を出したあとは合戦に入るまで放置です


いつもならそういう理由なのですが、今回は別の理由もありました


それは「目指せ!名声を使わない合戦!」です


今までの4戦は名声を寺で回復しないと2日間活動できないくらいの


陣や領地を取っていました


寺で施しをすると、1回につき100糧/1名声ずつ施しの額が増えて行くわけです


そんなこんなでこのままではいかんと思い


上記のような目標を掲げて合戦に臨みました




前置きはこの辺で


まず合戦に入ってからすることはとりあえず陣を張ることです


敵の本領や所領の近くが多いですが


なるべく1回の陣張りで複数の拠点を攻撃できるところを探します


もちろんアクティブでない人を狙って!


そして発射!・・・陣ができるまですることないです


軽く後悔しながら待ちます




30分から1時間後やっと陣ができたら


肩慣らしのノック!そして出撃!


運良く無血開城でした


その後も大した兵を置いている方はいなかったので


1日目3時間くらいで


5回夕方
(クリックで拡大します)


5位に躍り出ます




その後も快調に快調を重ね防御5000クエ・攻撃5000クエを達成しないまま


1日目の終了が近づきます




そして「そろそろ寝ようかな・・・その前に1つ美味しそうな村でも戴くか


何かのフラグが立ったようです


その結果


甚大1回目


・・・でもまぁ相手も被害甚大だし・・・攻撃5000クエ達成できたし




さてトドメだ


・・・


・・・


甚大2回目


・・・


こうして1日が終わりました








合戦は2日目に突入します


私は昨夜の出来事がトラウマになったようです


ビクビクしながら何度もノックして城を落とします


兵士がある程度回復したあともビクビクです


そして1日目の調子を取り戻したころ


大して兵を失わず、防御5000クエを達成したところで自己終戦しました


その時の順位がこちら


5回2日目夕方


1位でした




今回のコンセプトである名声については2日間で32消費でした


陣が15個、領地が2個ですね


個人的には満足していますがどうなのでしょう?


現在の名声最大値が80なので結構消費を抑えられたのかもしれません


次戦はそこそこ使っても寺のお世話にはならないでいけそうです



そして合戦終了、結果は


5回最終結果


残念ながら2位になっていましたが報酬は変わらないので良しとします




待望の合戦報酬


5回終戦報告


同盟もなんと2位で銅銭をたくさんもらいました




次の日新武将のアップデートが終わった後にもらった炎くじを引きます


前回は上3枚でした


今回は





特1上2でした!


特が出てくれて良かったです


しかも新武将!


丁度いいので今回はこの武将の紹介を行いたいと思います




第3回(マイナー)武将紹介




津軽為信です


1550~1608年

南部一族の豪族であるという説が有力であるが出自は、はっきりとはしてい無い模様

1567年に大浦為則の養子となり、大浦氏を継いで大浦城主になる

1571年突如として石川城を攻略し、南部信直の実父・石川高信を自害に追い込む

それから続々と近隣国を攻め落とし

1588年には津軽一帯と 外ヶ浜と糠部の一部(青森県付近)を手中に収める事に成功し

1590年に豊臣秀吉の小田原征伐に参陣し所領を安堵された

その時に豊臣秀吉が出した大名間の私闘を禁じた法令(惣無事令)に違反するのではないかと

南部氏から訴えがあったが、石田三成、羽柴秀次、織田信雄を介して釈明された

この時3人が鷹狩に凝っていたので津軽名産の鷹を送って親交を結んだ

石田三成とはその後も親密だったが

関ヶ原の戦いでは隣国がすべて東軍となり、やむなく東軍として戦う

合戦中には家臣が領土で謀反を起こすが、東軍勝利で収まる

そして関が原の合戦後に津軽と名前を改める

最後は嫡男が京都で病に伏せり、本人も病の中を押して見舞いに駆けつけるが

嫡男は病死し、為信はその2ヵ月後に病死する

その後跡継ぎだった嫡男が病死したことにより三男と嫡男の子で家督争いがあり

幕府に裁定を求めるお家騒動が勃発する




最後はなんか悲しい終わり方ですね


城主になった直後から近隣国を攻め落とし領土を広げ


かなりの戦上手だったみたいです


関ヶ原の戦いでは


国元を取るか、友人を取るかの選択で国元を取った挙句


国元で謀反とか・・・


家臣・・・




次回からは(マイナー)部分は取っ払いましょう 


有名武将をマイナーとか言うのも恥ずかしいし


ではでは建て替え工事頑張ってきます








関連記事

Theme:戦国IXA
Genre:オンラインゲーム

comments(2)|trackback(0)|合戦|2011-04-09_21:43|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

sakuhiro
いつもブログ読ませていただいてます。

21鯖徳川にいるsakuhiroといいます。
いつもご活躍をすごいなぁと思いながら拝見させていただいてます。

これからも頑張ってくださいね。
ぽたぽた
開設してから初コメントです
ありがとうございます!がんばります!

見苦しい文章でお恥ずかしい限りですがこれから精進していこうと思います
リクエストなどありましたら気軽にコメント・書状など頂ければ幸いです
気が向いたらぜひまた来て下さい

ポイントサイト

ドル箱
デッキコストUP資源生産UPがしたい
でもお金は払いたくないと言う方向けポイントサイト
ゲームの登録やPCメルマガ登録などでポイントが貰えウェブマネーや現金に交換できます
私も現在使用中

ブログ内検索

新着ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。